L.ロン ハバード:サイエントロジー創設者
L.ロン ハバード:サイエントロジー創設者 幼少期

L. ロン ハバードは、海軍将校のハリー・ロス・ハバードとレドラ・メイ・ハバードの息子として、1911年3月13日、ネブラスカ州ティルデンに生まれました。2歳の頃、彼と彼の家族はモンタナ州カリスペル郊外の牧場に住まいを定め、そこから州の首都であるヘレナへ移りました。

幼い少年の頃の彼は、岩だらけの西部奥地で、生きることについて多くを学びました。彼の言葉によれば、「行動と挑戦の姿勢、ひねったユーモア、カウボーイの悪ふざけ、最低のことと最も危険なことをものともしないこと」についてです。彼は3歳半ですでに馬に乗ることができ、すぐにロープが使えるようになり、荒馬の中でも飛び切り荒っぽいのを手なずけることができるようになりました。


L.ロン ハバードの生涯つづく....


| 前へ | サイエントロジーの用語解説 | 先頭へ | 次へ |
| 書店 | ホーム | このサイトに対するあなたの意見 |
| スタートの仕方 | サイエントロジー関連サイト |
© 1996-2002 Church of Scientology International.

全著作権登録済. 登録商標